• 横浜からともに夢を紡ぐ(JICA草の根技術協力事業)

横浜国立大学が実施するJICA草の根技術協力事業パラグアイ農村女性の生活改善プロジェクトは、地元で採れた野菜や果物等を加工する地産地消に取り組んでいます。

本プロジェクトの取り組みは、世界が抱える人口爆発や食料問題、都市と地方の格差といった課題を解決する糸口になります。生活改善は、プロジェクトマネージャーである横浜国立大学藤掛洋子学長特任補佐・教授が、1993年~1995年まで青年海外協力隊(家政隊員)としてパラグアイの農村部で行ってきた活動が基礎になります。その後の継続した農村部における支援の結果が、本プロジェクトの形成につながっています。