第13回講習会 ラ・コルメナ料理教室

2017年5月11日。

NihonGakko大学ラ・コルメナ分校において、季節の果物を使った料理教室を開催しました。
この料理教室は、今回で10回目の開催となりました!

 

今回の講習会では、グラディス講師による季節の果物の加工の講義です。
マンダリン、オレンジ、グレープフルーツ、グアバ、バナナの加工に関して学びました。
また実際にマンダリンジャム、グアバジャム、オレンジ&バナナジャム及びグレープフルーツ&バナナジャムを作成しました。

今回はジャムの作り方だけでなく容器の殺菌法、瓶詰め、ラベルの付けた方の指導も行われました。
様々な調理方法を適用しながら余剰農産物を利活用するだけでなく、
付加価値を与え生計向上につなげ栄養改善を図ります。

前回の講習会に続き、「資産担当」「イベント担当」「清掃・衛生」の3つの委員会を設立しました。
今回の研修までにオーブン、火鉢、炭、鍋、プレート、ミキサー等を準備することが出来たので、
資機材を今後大切に使用・維持するため、このような委員会がたちあがりました。

また資機材もそろったことで参加者は料理教室が楽になったと喜びの声も上がりました。
委員会も設立されたことでモチベーションアップと互いに律する気持ちの向上につながっているようです。
今後さらに意欲的に活動に取り組んでいけるのではないかと思います。