横浜国立大学先端科学高等研究院中南米開発政策ユニット国際シンポシンポジウム&ワークショップ開催のお知らせ

横浜国立大学先端科学高等研究院中南米開発政策ユニット

国際シンポシンポジウム&ワークショップ

社会科学における「リスク共生学」の構築:

社会実装としてのパラグアイ農村女性の生活改善プロジェクトを事例に

 

先端科学高騰研究院中南米開発政策ユニット国際シンポジウム&ワークショップを開催いたします。

同日開催として、先端科学高騰研究院中南米開発政策ユニットメンバーによるポスターセッションも開催いたしますのでぜひご参加ください。

た、こちらから本企画の情報をまとめたチラシをダウンロードいただけますので、どうぞご活用ください。

国際シンポジウム&ワークショップ詳細

日時:2018年1月30日 (火) 14:30-17:00

場所:TKP ガーデンシティ横浜 6F

使用言語:日本語・スペイン語
(同時通訳あるいはウイスパリングが入ります)

申込み・問い合わせ:藤掛洋子 fujikake-yoko-mp@ynu.ac.jp

 

第一部 14時00分~15時30分

司会 河内久実子横浜国立大学国際戦略推進機構助教

 

開会挨拶 佐土原聡横浜国立大学都市イノベーション研究院研究院長
来賓挨拶:Raúl FLORENTÍN-ANTOLA駐日パラグアイ大使、朝熊由美子JICA横浜所長
趣旨説明:藤掛洋子先端科学高等研究院中南米開発政策ユニット主任研究者

招聘講演:SILVERO AREVALOSアスンシオン国立大学教授
「パラグアイ社会のマチスモとジェンダー課題」

講演:藤掛洋子横浜国立大学教授
「パラグアイ社会における女性の起業/企業とJICA草の根プロジェクト:パラグアイ農村女性の生活改善プロジェクトの大学における役割」

現地からの報告:パラグアイ農村女性代表者による発表:これまでの活動について

コメンテーター 山崎圭一教授 「経済学の視点から」

コメンテーター 佐藤峰准教授 「国際開発学の視点から」

コメンテーター 渋川祥子名誉教授 「加工食品の可能性」

 

休憩 15時30分~15時45分

 

第二部 クローズドワークショップ 15時45分~17時

司会進行:松田デボラ葉月JICA草の根国内メンバー

開会の挨拶:石亀敬治JICA横浜市民参加協力課課長

趣旨説明・モデレーター:藤掛洋子JICA草の根プロジェクトマネージャー

ワークショップ参加者(パラグアイから農村女性6名、調整員2名)ならびに横浜国立大学関係者、JICA横浜関係者によるPDM、将来計画等についての議論

講評 今村真理子JICA横浜市民参加協力課課長補佐

閉会の挨拶 竹内智子横浜国立大学国際戦略室長

 

主催:横浜国立大学先端科学高等研究院中南米開発政策ユニット
   横浜国立大学XJICA草の根技術協力事業:パラグアイ農村女性の生活改善プロジェクト

後援:パラグアイ大使館、JICA横浜、国際開発学会横浜支部、ちこり村

 

ポスターセッション詳細

日時:2018年1月30日 (火) 12:00-13:00

場所:TKP ガーデンシティ横浜 6F

ポスター使用言語:日本語・英語

当日は先端科学高等研究院11ユニットのポスターが展示されています。
中南米開発政策ユニットは11になります。
ポスターセッションへの参加のお申し込みは不要です。

**********************

藤掛洋子教授・先端科学高等研究院中南米開発政策ユニット主任研究者

「中南米開発政策ユニット紹介」

「横浜国立大学XJICA草の根:農村女性の生活改善プロジェクトについて」

 

山崎圭一教授・先端科学高等研究院中南米開発政策ユニット

「抵当効率性に基づく住宅ローン政策によるスラム起因の社会的リスクの低減」

 

松行美帆子准教授・先端科学高等研究院中南米開発政策ユニット

 

佐藤峰准教授・先端科学高等研究院中南米開発政策ユニット&上山美香龍谷大学経済学部准教授

「青年海外協力隊員の自己効力感と活動継続力の影響要因にかかる研究」

 

鎌原勇太講師・先端科学高等研究院中南米開発政策ユニット

“Developing a tool for the detection of election fraud”