2016年9月12日

横浜国立大学初となる、
パラグアイ農村女性生活改善プロジェクト:横浜からともに夢を紡ぐ
JICA草の根技術協力事業(新・草の根パートナー型)の調印式が現地パラグアイ・パアグアリ県・ラ・コルメナ市で行われ、ついにプロジェクトが始動となりました。

 

駐パラグアイ日本大使館上田善久特命全権大使、JICAパラグアイ事務所吉田所長、Nihon Gakko大学オルテガ学長、副学長、横浜国立大学藤掛学長補佐・PM

プロジェクトのテーマでもある女性のエンパワーメントに焦点を当て、より良いプロジェクトをパラグアイの人々、関係機関の仲間たちとともに作りあげていきたいと思っています。
当プロジェクトは農産物加工の製造全般にかかる技術を参加者に伝え、さらに、付加価値を加えた地域の特産となるような商品を開発し、所得向上、プロジェクトを通じた人材育成などを行います。様々な角度から女性のエンパワーメントを支援するとともに、地域活性化に貢献することを念頭にプロジェクトを展開していきます。
皆様方からのご指導・ご鞭撻を賜りたくどうぞ宜しくお願い申し上げます。

プロジェクト関係者一同

 

JICAホームページでも調印式の記事を掲載していただいております。誠にありがとうございます。