第3回バーチャルシンポジウム開催のお知らせ

横浜国立大学第一号として採択されたJICA草の根技術協力事業:「パラグアイ農村女性生活改善プロジェクト」は、2016年9月に開始しました。これまでに2回の本邦研修を実施し、2021年12月で5年3ヶ月間の活動を終了いたします。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大以降、プロジェクトはオンラインを多面的に活用してきました。
この度、以下の通り第三回バーチャル・シンポジウム「リアルとバーチャルを超えてパラグアイ農村女性たちと夢を紡ぐ」を開催いたします。第三回のテーマは、COVID-19以降、本プロジェクトがオンラインツールを活用し、取り組んできた事例を紹介するとともに、プロジェクトを通し農村女性たちが獲得してきたマーケティングやブランディング能力、それらを活かした起業の事例もお話しします。また、カウンターパート大学関係者のエンパワーメントやCP関係者が生み出してきた持続可能性を担保する副産物的としての活動も報告いたします。
コメンテーターには、早稲田大学大学院アジア太平洋研究科国際学術院の黒田一雄教授と城西国際大学 田中由美子招聘教授をお招きしております。

これまでの二回のバーチャル・シンポジウムは以下のURLからご視聴頂けます。
第1回バーチャルシンポジウム「亀からキリンになった女性たち」
第2回バーチャルシンポジウム「パラグアイ農村女性生活改善プロジェクトを包括的に評価する」

バーチャル・シンポジウムの間にチャット等での質問も受け付けます。終了後にアンケートを行いますのでご協力を頂ければ幸いです。時間の制約よりバーチャル・シンポジウム内でお答えできないご質問については、HP等を通じお答えさせて頂く予定です。
みなさまにオンラインにてお目にかかれますことを心より楽しみにしております。

参加申し込みは以下のフォームよりお願いいたします。
https://forms.gle/fMHTy9xr43RxXMaj7

プロジェクトマネージャー:藤掛洋子

*****************

タイトル:「リアルとバーチャルを超えてパラグアイ農村女性たちと夢を紡ぐ」
日時:10月22日(金) 21:00〜22:30(日本時間)
10月22日(金) 9:00~10:30(パラグアイ時間)
配信方法:Zoom(録画し、編集後公開予定です。)
使用言語:スペイン語あるいは日本語(同時通訳あり)
*Zoom機能を用い日本語やスペイン語でご視聴下さい。
*Zoomリンクは、お申し込みを頂いた方に当日、17時頃に配信いたします。

開会の挨拶:横浜国立大学 梅原出学長
カウンターパート大学学長からのご挨拶:
エルメリンダ・オルテガ パラグアイ上院議員・NihonGakko大学学長補佐
スリ・ベラ アスンシオン国立大学 学長(動画による挨拶)
エドガー・サンチェス アスンシオン国立大学 大学院・国際関係局長
ディオニシオ・オルテガ NihonGakko大学学長
アンヘル・ロドリゲス カアグアス国立大学学長

【講演】
PM藤掛洋子横浜国立大学都市科学部長・大学院都市イノベーション研究院教授
主旨説明&講演:「リアルとバーチャルを超えてパラグアイ農村女性たちと夢を紡ぐ:サイバースペースの活用を通して」
ホセ・シルベロ アスンシオン国立大学 科学技術研究局 専任研究員:「パラグアイの女性たち」
エルサ・グラフトンアスンシオン国立大学講師・テオフィロ・ブルゴスカアグアス国立大学講師:「プロジェクト副産物としての成分分析」

【農村女性の証言】
ブランカ・ゴンザレス氏(コロネル・オビエド市)
ラモナ・カバニャス氏(ラ・コルメナ市)

【コメンテーター】
黒田一雄早稲田大学 早稲田大学 大学院アジア太平洋研究科長「教育の男女間格差と世界的取り組み」
田中由美子城西国際大学 招聘教授「ジェンダーと開発の観点から」

講評:JICAパラグアイ・JICA横浜所長

質疑応答

閉会のご挨拶:フロレンティン・アントラ 駐日パラグアイ大使

司会進行:福水留美子プロジェクト国内調整員
同時通訳:高橋なるみ現地調整員
******************

お問い合わせ先:連絡先
横浜国立大学教授・PM 藤掛洋子
fujikake-yoko-mp★ynu.ac.jp

横浜国立大学 事務補佐員 鈴木泰輔
suzuki-taisuke-wy★ynu.ac.jp
(★→@に変更してお送りください)

Follow me!

JICA草の根プロジェクトチーム

PAGE TOP
error: Content is protected !!