• 横浜からともに夢を紡ぐ(JICA草の根技術協力事業)

2017年4月27日。

NihonGakko大学ラ・コルメナ分校において、リーダーシップと自尊心に関する講義と、プロジェクトの今後の計画の共有を行いました。

ニホンガッコ大学のカルロス・バルデス講師による、「あなたはリーダー、あなたは女性」というテーマでご講義いただきました。
ポシティブなリーダーは誠実、公平、戦略的に問題を解決する、堅実、情報を共有する、信頼性がある、
ダイナミックである等、リーダー的な存在の特徴について例をあげながら楽しく授業を受けることができました。
何歳になっても夢を追いかけることの大切さ、自分の事ばかりを考えるのではなく
顧客のことを考えて販売する大切さ、努力する大切さなどについてお話くださいました。

その後、室外でリーダーシップや仲間意識を高めるゲームを3つほど行い、参加者全員で積極的に参加しました。

ゲーム①:フラフープをばらばらに床に置き、一斉に輪の中に入る。少しずつ輪を減らしていく。最後に輪に入りきらない人が出てくる。どのように仲間に入れるか考える。

ゲーム②:二つのグループに分かれ、二人ずつボールを持って一周してスタート地点に戻る。次のペアは同じ方法でボールを運ぶことは出来ない。競争だけではなく、最後までやり遂げる大切さを伝える。

ゲーム③:二つのグループに分かれ、それぞれのグループに布を渡し、皆で布の上にボールを載せ隣のグループに投げる。落としたチームの負け。チーム内での意気を合わせることが重要。

授業の後半では、現地調整員から9月までの活動計画を共有した。
また、次回の料理教室のグループ分けを行い、更に今後の組織強化に向けて連絡網及び委員会を設立しました。

 

今回のリーダーシップの講義は特に多くの参加者を勇気付けることができたようでした。
参加者の中には、経済的な問題等で落ち込んでいた女性もいたようで、野外でゲームをしたり、女性としての価値観について話を聞く中で、
「勇気がまたわいてきた。」というコメントがありました。

本プロジェクトが対象とする農村女性の中にはシングルマザーや経済的に貧しい女性も多く、
このような授業は今後も継続して行いたいと考えています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です